会社概要

理念

私たち農事組合法人浜通り農産物供給センターは、協同組合の精神に則り、組合員の所得向上を第一の目的に、地域農業を守る活動を通じて組合員の拡大、後継者の育成に取り組んでいます。

2011年3月の震災と福島第一原発の事故後は、一変した環境のなか「作付できる人は作り続けよう」「今、作付できない人は再開に向け準備をしよう」をモットーに活動してきました。とりわけ新規就農者への応援に力を入れています。

具体的には国や県の補助事業を活用した組合員の生産力向上、販路拡大に加え、「半農半エネ」を目指して太陽光発電事業にも取り組みました。組合員が自宅や納屋の屋根、未活用の農地に太陽光発電パネルを設置し、また、風力やバイオマス発電の学習会を行うなど、再生可能エネルギー事業の可能性を追求しています。

浜通り農産物供給センターは、震災から5年間、被災による組合員の離農に直面しながらも、若い農業者の成長も目の当たりにしてきました。今後も目的達成のため邁進していきます。

法人の概要2016年1月1日現在

組合員数 126人
出資口数 3,062口金額 6,124,000円
前期売上高 217百万円
職員数 13人 内、臨時職員7人
所在地 〒976-0006 福島県相馬市石上字南白髭320
連絡先 TEL 0244-26-8202 / Fax 0244-26-8203
e-mail:hamanou@vanilla.ocn.ne.jp

沿革

1992年 5月14日 設立
生協等との野菜ボックス産直から始まり、米産直事業や卸売事業を展開
2011年 3月11日 事務所が原発事故及び津波に被災
4月 4日 相馬市新沼で仮設事務所開設
4月21日 事務所所在地が警戒区域に指定
2012年 12月11日 現在の所在地に事務所移転
農業再開を進めながら、太陽光発電にも取り組む

定款・決算

おしらせ

米づくりの一年 平成29年度「田回り会 7月」を追加しました。

浜通り農産物供給センターは、組合員の所得向上を第一の目的に、地域農業を守る活動を通じて組合員の拡大、後継者の育成に取り組む農事組合法人です。

農事組合法人浜通り農産物供給センター

0244-26-8202
0244-26-8203
〒976-0006 
福島県相馬市石上字南白髭320
特定非営利活動法人野馬土
Copyright © 浜通り農産物供給センター All Rights Reserved.