米づくりの一年平成28年度

種まき4月

土をキッチリ計量します ビニールハウスに運搬 種モミを撒いた苗床をビニールハウスに並べてま~す 2週間ほどで苗床完成です!

今年1月に『稲作方針説明会』を開き、当センターの組合員さんに28年度の米づくりについて情報提供を行いました。そして4月に入り、種まき開始。米づくりのスタートです。

肥料4月

トラクターが大活躍します!!

広い田んぼに肥料をまくのも大仕事。
肥料はこの時期に加えて、穂が茎の中で育つ頃にもまき、おいしいお米に育てていきます。

田植え5月

米づくり体験が社員研修のみなさんドロドロになってがんばってくれました

5月の連休に入り空模様をにらみながら、いよいよ田植えが始まりました。
今年はセンター会員全体で約260haの作付を行います。

田んぼの
除草と草刈り6月

田んぼの除草と草刈り

草刈り畦畔に生えた雑草を取り除きます。刈払機を使ったり、草刈アタッチメントをつけたトラクターで、草刈りすることで農作業がやりやすくなり、また、カメムシなどの害虫の繁殖を抑えることができます。※けいはん=田畑を区切るあぜのこと。

除草剤播き稲の成長を妨げる雑草を退治します。粒状や液状の除草剤を手播きしたり散粉機で播きます。当センターの組合員は、除草剤使用回数を近隣の半分に抑えています。

田回り会7月

6月と7月の2回メンバー全員で全部の田を回り、研究会を行っています。草丈、葉の色、茎数などを調べて今後の作業方針を検討します。カラ梅雨と言われていますが、今のところほぼ順調。あとは8月の晴天を待つばかりです。

稲刈り10月

次々襲来する台風の合間を縫って、稲刈り、籾摺り作業が進んでいきます。組合者さんのお米は、当センターの倉庫で品質検査・放射能検査を経て出荷されていきます。

おしらせ

米づくりの一年 平成29年度「田回り会 7月」を追加しました。

浜通り農産物供給センターは、組合員の所得向上を第一の目的に、地域農業を守る活動を通じて組合員の拡大、後継者の育成に取り組む農事組合法人です。

農事組合法人浜通り農産物供給センター

0244-26-8202
0244-26-8203
〒976-0006 
福島県相馬市石上字南白髭320
特定非営利活動法人野馬土
Copyright © 浜通り農産物供給センター All Rights Reserved.